Sir Duke / Stevie Wonder の I -> IV#m -> IV のコード進行について

www.youtube.com

www.ufret.jp

概要

f:id:fjwr38:20200116234025p:plain

  • C -> F#m -> F という進行はびっくりする
  • が、違和感がない
  • これは何で成立するのか?ということを考えた

結論という名の憶測

  • IV#m は VI の代理なんじゃないかと思う
  • I -> VI -> IV つまり C -> A -> F になる
  • C -> A -> Dm で成立させるところを Dm をサブドミナントの F にしている

根拠

  • F#m が A の代理だから
  • で、サブドミナント(F)に進行してるから
  • 以下のように形が似てるのでまぁ...という感じ

  • 以下は A

f:id:fjwr38:20200116234408p:plain

  • 以下は F#m

f:id:fjwr38:20200116234439p:plain

漫画喫茶

 大学に行ってたときの20歳くらいのときだったか、漫画喫茶で夜勤のバイトをしていた。何故漫画喫茶を選んだかと言うと夜勤は暇そうであるのと、漫画読みたかったからだ。夜勤はそれなりに眠くなるので朝8時くらいに終わったあと、休憩室の座椅子で寝て起きたら昼の12時くらいというのもよくあった。

 夜勤だと、当時は結構アレなお客さんも多くいてネットカフェ難民っぽい人もいた(夜オープンシートで寝て朝までいる人とか)。ホームレスかなんかの謎のおばあちゃんがいた。当時めちゃくちゃ体臭がきつくて来店の際はやたら嫌な気分になった。毎回おしぼりを大量にもらっていて、トイレで体を拭くみたいなことをしていた。

 飲み会終わりの終電がなくなったサラリーマンもいた。度々そういったお客さんは高圧的な態度で迫ってきて結構イライラした記憶もある。謎の虚言癖のおじさんもいた。度々(自分のバイト先の)社長と夜中まで飲んでいたということを吹聴していたが、「え、実際飲んでないらしいよ?」みたいなことを社員さんから教えられた。

 ネットカフェで性行為をする若者、みたいなのはあまり出くわさなかった。よくシートを監視カメラで撮られているということを聞くが、実際自分がいた店舗ではそんなことはしていなかった。たまにお客さんから「なんかヤッてるっぽいんですけど〜」とかいうことを言われて注意しにいったことが一度だけあった。しかも結構歳いっていた気がする。

 一番強烈だったのは、女装をした30くらいの痩せ型の男性がいたことだ。ワンレンの結構長い髪で赤いセーターを着ていた気がする。わざわざオープン席で寝てノートの切れ端に「いっぱい触ってね」みたいなことを書いて周辺に置いていた。社員さんからも「あー、なんかオカマちゃんがいるっぽいね〜」みたいなことを言われた。

なんかそんなことを思い出した。

人が出ている

  • 漫才のネタでいまいちハマっていないのが「人が出ていない」漫才というのはよく言われる
    • 多分’オードリーのラジオで聞いたんだとおもうんだけど
  • これすごく音楽の歌詞の世界でも当てはまるなと思っている
  • あんま根拠がないんだけど無理をせずに自分の思ったことをうたうということが大事なんだろうなぁ

唐突に思い出した昔の思い出

  • 父が勤めている会社がスポンサーかなんかになって、どこかでイベントをやっていた
  • で、その中の催し物で「ピカチュウをさがせ」的なものがあり、ウォーリーをさがせ的なのがあった
  • 下記ページを一番はやくクリアした人がポケットピカチュウをもらえる的な感じだった

www2a.biglobe.ne.jp

  • 父は会社の中の人だったので、上記の「ピカチュウをさがせ」が利用されることを知っていた
  • 父の助言により(?)俺と弟は前日くらいに予め「ピカチュウをさがせ」をクリアしておいた
  • 当日は余裕の一番でクリアして、景品のポケットピカチュウをもらった
  • 今考えると父はかなりダーティだったのでは、と思い出した

12年ぶりに Windows に復帰した

  • メインマシンを Windows に変えた
  • 理由は何となくこのまま Mac 使い続けるのははたしてよいのか的な疑問を感じたからだ
  • あと、普通に Logic Pro くらいしか Mac で使っていなかったため
  • とりあえずこれくらいの文章を打つのにもだいぶストレスを感じながら打っている
  • 慣れるのはしばらくかかりそう

夢日記

  • ハライチの二人と4人がけのテーブルで昼飯を食っていた
  • 場所はなぜか母校(高校)の校内に出来たオシャレイタリアンだった
  • 最近見に行った「さよならたりないふたり」の話をした
  • そうすると、澤部さんが「あー、いいよねぇ、なりたいよねぇあの二人みたいに」みたいなことを言っていた
  • そしたら俺は
    • 「ハライチはそもそも MC やってる澤部さんと、センス芸っぽい岩井さんなので、ふたりとも MC のあそこと比較するのはなにか違うのでは」
    • 「多分目指すべきはバナナマンの二人なんじゃないですかね。設楽さんは MC で活躍されてて日村さんもあの立ち位置だし」
    • みたいなことを熱弁した。良いこと言ってるとおもった。
  • いつの間にかバナナマンの設楽さんが自分の隣に座っていて、うんうん頷いていた
  • ハライチの二人は何か仕事があるらしく抜けていった
  • 締めますかーみたいな感じになったので会計を確認すると、割といいお値段だった
  • 「どうせ夢だし払うのだりーな」みたいになった、すぐ起きたと思う
  • 今考えるとハライチに熱弁するくだりは支離滅裂なのに、なぜ良いこと言ってると思ってしまったのか。