続き Linux システムプログラミングを読む

概要

続き

ryfjwr.hatenablog.jp

github.com

  • select を C で書いたものを Go で書くということをしてみる
  • FD_SET 的なやつが Go では無いらしく、それ用に
  • となると多分以下のようなコードを書けばよい

    • os.Stdin で待ち受ける
    • 読んだものをどっかの ファイルディスクリプタに入れる
  • 以下のようなところで興味深いものを見つけたが、何をやっているのか全くわからない。

github.com

「Linux システムプログラミング」 を読む

一言

Linuxシステムプログラミング

Linuxシステムプログラミング

  • 読み始めた

第一章(基礎概念)

  • すべてはファイルですよ、という話
  • シムリンクとハードリンクのパフォーマンスの違い
  • プロセスディスクリプタがプロセスのテーブルを持つ

第二章(ファイル I/O など)

  • ファイルテーブル / プロセスごとに管理されている。
  • ファイルディスクリプタ / ファイルへのメタデータを保持する
  • EOF が何なのか / また注意するケース
  • non-blocking I/O とは
    • read などでブロックしないようになる
    • EAGAIN で読み込み中であることを返す
  • write の動作
    • buf -> カーネルのバッファにデータをコピーする -> ディスクに書き込む(ライトバック
    • 遅延書き込みは順序を指定できない
  • 2.11カーネル内の動作 が面白そう
    • VFS
    • ページキャッシュ
      • ディスクアクセスしたときのキャッシュ
      • 最初にアクセスしに行く
      • 先読み機能もある

夢日記

- 高校時代に戻っていた。

- 何か女子と付き合うことになっていたが、相手は高校時代に実際に付き合っていた子だった。

- 他のクラスに影山優佳がいたので、そちらと付き合いたかったが、難しかった

不眠症とアルコール

思うこと

自分の悪化傾向

  • 結構眠れず、アルコールに頼っていた。
  • 結果として毎晩酒を飲むようになっていた。
  • 晩飯に寄った店で、ついでに一杯みたいな感じでゴリゴリお金が無くなっていた。
  • 家でも結構飲み始め、ひどいときには缶ビール 500ml x 6 とか飲んでいた。

不眠症の薬が効果がないケースもある

  • 処方される薬も色々あって(というほど知らないが)、症状に対してあまり効き目のない薬を選んでしまうと、薬を飲んでも眠れない。
  • 自分が処方されたのは
    • 体を疲れさせる系の薬
    • 交感神経を落ち着かせる薬
  • 正直、眠りに入るまでが長いパターンだと、「体を疲れさせる系の薬」はあまり効果がない。
  • 一度病院を変えて、交感神経を鎮める薬を処方されたら改善した。
  • また、職場が変わって、フレックスタイム制のところに行ったら別に必ずしも定時に出社する必要が無くなったのでこれも効果があった。

主張

  • 眠れないなら、ちゃんと受診した医者にかかったほうがいい。

夢日記

  • 会社のある部署で送別会が行われていたらしく、夜の街でその部署の方々と会い、挨拶した。
    • 先日会社のメールアドレス宛に対して、退職の挨拶を出していた上林さん(仮名)を見たから分かった。
  • 送別会に何故か高校で同じ部活動だった榎本がいた。
  • 榎本はケータイをなくしたらしく、僕に相談してきた。
  • とりあえず、僕は送別会があった駅に電話をして「見つかったら教えてくれ」と言った。
  • 相変わらずあたふたしていた榎本に対して、「なんでこれくらいのことやらないんだろう」と内心困惑しながら、送別会が行われていた店に電話した。

断酒日記

概要

  • 酒を止めている(現在 11日目)
  • 「全ての体験は共有されるべきだ」ということが、アフリカの部族で伝えられているらしいので、書 いておく

背景と動機

  • 毎晩のように酒を飲んでいた。
  • が、一人暮らしであるため、酔っ払い始めたら歯止めが効かない。
  • 正直あまり良い習慣ではないし、今後は酒も規制される(気がする)。
  • ちょっとメンタル気味な病院で以下のやり取りをした
    • 自分「酒をやめたいっす」
    • 先生「中途半端にやめるのではなく、一気に断ちましょう」

やめているときの気持ち

  • 断酒 2 ~ 3 日目が一番つらく、「酒を飲みてぇ〜」と常に思っていた。
  • が、5日目越えてくると割と平気になってくる。
  • 休日のほうが割とヒマな時間が多いため、若干酒を飲みたい気持ちが強くなる。

酒を飲まずに何をやっているか

  • 何となく口寂しいため、茶をめちゃくちゃ飲んでいる
  • また、もう一つのお茶を飲む目的として、口の中のリセットすることにある。
    • 酒も、しょっぱかったり甘いものとをあわせて、そのリセット具合を楽しむ所がある。
    • 食後のコーヒーみたいなノリで、いろいろお茶を飲んでいると口の中がリセットされる。
  • 甘い物を食べるようになった。
    • 酒ばっか飲んでる頃は一切お菓子とか買わなかったが、割と甘いものを食べるようになった。

酒を飲まないことによって

  • そんなに痩せない。
  • 眠りは普通。
    • かもしれないが、あまり夢を見なくなった気がする(前は毎日見てた
    • 眠りが浅いと、結構見るらしいので改善されたのかもしれない。

その他

  • 一日が非常に長く感じる。
  • 酒飲んでいると、金だけでなく時間も結構ムダになるので、止めたほうがいいなと思った。